既製品、セミオーダー、フルオーダーの特徴

Posted on

結婚指輪は、既製品のものからセミオーダー、フルオーダーまであります。

結婚指輪にこだわりたい、二人だけの指輪にしたい、という人はオーダーメイドで作るとお気に入りのものができるでしょう。

既製品、セミオーダー、フルオーダーのそれぞれの特徴をまとめておきますので結婚指輪選びの参考にしてください。

既製品ですが、これはすでに完成された指輪のことです。

以前は既製品の結婚指輪というと決まったパターンがあるだけでした。
今はいろんなデザインがあって選ぶのも迷うほどです。

既製品の結婚指輪は、購入したら持ち帰れてすぐに使えます。
ですが、結婚指輪には内側に刻印をしますので、それをお願いしたら2週間から3週間後に手元に届きます。

セミオーダーは、いくつか種類があるデザインの中から一つ選びます。
それを基本にして、石をつけるか、表面仕上げはどうするか、などを決めてオリジナリティーを出します。

だいたいを決めてあるので、オーダーと言っても出来上がりのイメージがしやすいので、安心して出来上がりが待てます。

フルオーダーは、この世に一つしかない結婚指輪が作りたい!という人におすすめです。

デザインから自分たちで考えて、そのイメージをプロに伝えるとデザイン画を描いてくれます。
デザイン画で、どんなものが出来上がるのか確認します。

出来上がるまでに3カ月くらいかかりますが、細かくこだわれるので、自分たちのオリジナル結婚指輪が作りたいならフルオーダーがおすすめです。